FC2ブログ
宮崎でサーフィンするならニューウェーブ 宮崎サーフィングッズ 宮崎サーフィンショップ 宮崎 サーフィンスクール 宮崎サーフィンショップ問い合わせ 宮崎サーフィン掲示板


宮崎県サーフショップ「ニューウェイブ」配信の夕方の波情報。

今日は久々にポカポカの良い天気で過ごしやすい一日でした。
昼前から、これまた久々にボディボードスクールでした。
14022114.jpg
レベルは初心者脱出コース1名と、中級者コース1名でした。
14022112.jpg
ショートボードを乗っている Y君 が、最近ボディボードにはまってくれました。
そして、その彼女の、エルロロさえ出来たらNSAでも十分に勝てるレベルの Eちゃん のスクールでした。
写真は夕方前の15時の「青島P」正面です。↓
14022113.jpg
波のコンディションは、昼過ぎの時間帯でも、そこそこ良くて、腹位の弱いサイドの風。
僕達が入った正面Pの少し右側は、誰一人居ない貸切で、1時間半スクールさせて頂きました。
二人への今後の課題です。先ずは、Y君。
よく考えながら波乗りしているのが解るくらいに、成長が早いですね~
速い波は、ターンを浅くして、ショルダーが切れる様子を見る。とか、トロい波はターンを深くして、張ってくるショルダーの様子を見る。などなど、まだまだ覚える事は沢山ありますが、テイクオフで乗り込むタイミングや、トップに合わすタイミングが良くなってきています。頑張って行こうぜ~
次は、Eちゃん。
普段からスピードは、メンズ並に出ています。一つ一つの波に対応してレールを入れれている証拠でしょう。本当に「エルロロ」さえ出来ていれば、膝腰のコンディションならトップアマと変わりないです(笑)。まだ、エルロロの時に回転重視になっていて、よく置いていかれているので、いつもより少し早めにリップに当てて、岸へ向かって前に頭を下げて、身体が勝手に回転するくらいで大丈夫です。後、インサイドのスープに近いリップにエルロロを仕掛ける時は、ボディーサーフィンの様に、ボトムの真ん中くらいにリップを当てて、その勢いで身体を反らす様に前に出ます。練習あるのみ。
「CLEAVE」ボディボード、オーダーフェアー。いち早く開催されてます。
14021610.jpg
日本で一番売れているカスタムボディボードのオーダーフェアーです。
4万円以内の税込¥39900-でオーダーが出来るので、初めての方でも日本一のボードに乗れるチャンスです。
各サイズ40本限定で~す。
→ 「CLEAVE(クリーブ)」ボディボードHP

昨日 Mちゃん のNEWボードが届きました。
14022110.jpg
303サーフボード (3FIN & 4FIN ・ ラウンドピンテール)
シェイパー : 千葉公平 
デザイン : 仲さん
→ 2014年「303」サーフボードHP
モデル名は「JUN・JO」で、元JPSAで好成績を残している、トッププロのモデルです。
千葉公平とJUN・JOがハワイと日本を行き来しながら、2年にわたってテストを重ね、小さい波からチューブの掘れているコンディションまで、全てカバー出来るモデルです。
14022111.jpg
見た目は、最近流行っている、トラディション系のテイクオフの速い、オールドスタイルの動きが出来るボードに見えますが、このボードは違います。一言で言うと「本気」です。(笑)テイクオフが速くて、動きは普通のキレキレのショートボードで、良いところ取りです。
Mちゃん、また乗せてな~

宮崎県サーフショップ配信のサーフポイント無料波情報。

おはようございます。宮崎県のサーフィン&BBスクール&サーフガイド開催中。
今日の天気は、晴れです。ポカポカ陽気になりそうです。
14022101.jpg
道路が砂だらけです。台風並みの風が吹いたのでしょうね~
PM2.5の数値は少し高めの12ug/m3(中国は平均85ug/m3)。現在、地元の人が着ているウェットスーツは、3ミリの起毛フルスーツ(雨&風の時はブーツ要るかも)。 海水温度は20度以下で、使っているWAXはクール、朝一コールド。今日の宮崎港の潮周りは「小潮」で、満潮が9時30分、干潮が16時08分。
木崎浜の10時現在の風は、弱めの西風(オフ)。面に影響なし。カレントあり。
最初の写真は、10時の木崎浜「加江田P」新しいトイレ前です。↓
14022102.jpg
波のサイズは胸~肩、SET頭。入水者無し。
14022103.jpg
今日は南ウネリに変わってますね~ まだ、たま~に面倒臭いSETが入ってきてます。
アウトサイドで形の良いSETは有るので、1・2アクション入りそうですが、インサイドがダンパー気味で、気が進まない感じです。
次の写真は、ほぼ同じ時間の「階段前P」左です。↓
14022104.jpg
波のサイズは胸~肩。入水者無し。
ここは特に入れそうに見えますが・・・インサイドのカレントが強いので、ポジショニングキープは難しそうです。
雨の日が続いた、冷たい水温の日は、こんな物どうでしょうか↓
14012713.jpg
写真は「ネックウォーマー」兼「耳あて」です。
暖かい宮崎でも、氷点下の時は末端が冷えます。しかも水面から随時出ている耳や後頭部は、特に冷えて凍りそうにまでなります、その時にこれが役立ちます。ドルフィンスルーの「カッチ~ン」知らず・・・
素材も一番やわらかくて暖かい「AGチタン」を使用していますので、「保温性」も気になる「匂い」の心配も無しです。