fc2ブログ
宮崎でサーフィンするならニューウェーブ 宮崎サーフィングッズ 宮崎サーフィンショップ 宮崎 サーフィンスクール 宮崎サーフィンショップ問い合わせ 宮崎サーフィン掲示板


波予報 8/15

クリックで、拡大「明日の天気図」 今朝の写真と状況は、前のページっス


お盆ですね~皆様、実家の仏壇には、お線香を上げました?
さて、長い期間のウットオシイも終わった様ですね。その間波もハンパで、ボヨボヨのうねりで力も無く、悪い日が続きましたが、気圧の移動が正常になり、海上のうねりもマシになった様です。
昨日の話ですが、期待して正解ですね

波のサイズこそあまり変わりませんが、大潮ともかさなりそこそこ乗れる波が来ていますね
干潮時は、サイズダウンしてモモくらいですが、今日の午後から夕方に掛けては、満ちこみになりますので、早い時間は大きなセットが入るでしょう。セットはミチミチに満ちてきても入りますが、波が割れる所の水深が、深くなりすぎてブレイクが悪くなりそうです。しかし厚めのボードなら逆にウネリは纏まり、ロングライド出来そうです。

昨日お話した「太平洋側の沖合いの波」ですが、原因は熱低の様ですね。研究熱心な方は既にお解かりだったと思いますが、この熱低は、明日には房総半島の東に移動します。そのために沿岸へ届く前に、下がりそうです。
しかし、何らかの影響は出ると予測できますので、明日はやや上がる傾向でしょう。しかし、熱低の移動速度が速かったので、長くは続かずにすぐに下がりそう…

明日の木崎は、セットでハラ。まずまず纏ったで、見た目ほどのパワーは有りそうです。今年のお盆休みの中では、一番良いかと思います。(正直言うと、今日か明日ですかねぇ~)

明後日は、早速下がる傾向です。しかし、順調に?日中はオンショアが吹いていますので、コシ程度は残るでしょう。

シーガイア裏辺りの養浜の話

宮崎港から北へ5kmほどに「動物園裏ポイント」が有ります。
ここから佐土原町の石崎川までの区間は、宮崎港による海岸侵食問題で、対策の為の「T字突堤」建設計画が、数年前からされています。

勿論私達は、茨城県の前例から反対する意見を出していますが、宮崎県も同様に現場近くの住民の意見は「早く何らかの対策を…」で、その他の民意は、ほぼ無関心。
国内工事の殆どが、弱者?な人間の側から、災害から守るとの大儀で行われていて、それが新たな侵食を招き…の悪循環ですね。

過去の赤江浜の件以来、国も「サンドバイパス=養浜」として、宮崎のこのエリアでも今年の11月から、試験養浜が計画されています。
この検討委員として私は、サーフィン側からの意見を述べますが、特に最近一ツ葉エリア(本来この名の海岸は、無くなりました。今は住吉海岸がメインです)で、サーフィンされる方のなかで、ご意見のある方は、私まで直接ご連絡を下さい。

電話0985-58-2155です。

コメント

宮崎県を外から見ると、如何に勿体無い事をしているか良くお解かりと思います。池田も移住して十数年になり、宮崎の波のお陰で人生が変り、プロボディーボーダーとして人間的に大きくなれたと思います。ですから、その自然の大切さを痛感していると思いますし、他県から移住してきた若者は、皆さん熱意が有ります。
人間は、生物の生態系の頂点に居る生物です。過去は食料やお金等の生産性を高める価値観が、当たり前でした。しかし、その方向の繁栄は限りが有り、人間の持つ欲深さには限り無く、どんなに便利に繁栄しても、何らかの不満が続いていると思います。
ですから、あえて非生産的な「サーフィン」の様な、ムダな行為が、生物界の頂点の人間には必要なんだと思います。ムダを通して気付く、自然や広い意味での環境の事、本来大切にすべき物や事を学びますからね。
少しずつ時代が変化して来ていると、実感します。
私が十年前に同じような事を言ったら、宗教的だと言われて相手にされませんでしたが、現在は話せる人が増えて来た事も、変化だと思います。

「国内工事の殆どが、弱者?な人間の側から、災害から守るとの大儀で行われていて、それが新たな侵食を招き…の悪循環ですね。」
 全く同感です。私は、宮崎は「サーフィン天国」として売り出していいくべきと考えているサーファーの一人で、宮崎県はもっと政治や経済などいろんな場面でサーファーの意見が反映されるようなシステムをもっと作っていかなければいかんと思っています。
 先日のテレビでサーフィン授業の様子が取り上げられ、子供達のすばらしい笑顔がとても印象的でした。こういう取り組みがきっかけでもっとサーフィンがメジャーになり、サーファーの意見が一目おかれる存在になってほしいとも思いました。
 開発という大義名分の下に余計なものをたくさん作って、宮崎の財産を無くしていってしまっているのが本当に残念でたまりません。
 池田さんは宮崎出身ではありませんが、宮崎県民以上に宮崎の良さ(WAVE)をわかっているからこそ、真剣に宮崎のポイントの危機感を感じていらっしゃるのだと思います。これからも頑張ってください。陰ながら応援させていただきたいと思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://newwavejp.blog46.fc2.com/tb.php/1335-7b30e54b