fc2ブログ
宮崎でサーフィンするならニューウェーブ 宮崎サーフィングッズ 宮崎サーフィンショップ 宮崎 サーフィンスクール 宮崎サーフィンショップ問い合わせ 宮崎サーフィン掲示板


敬老の日 波情報

おはようございます。
木崎浜は、台風14号のバックスゥエルで、まだまだ大クローズ状態です。 当初の予想よりこのバックスゥェルが強くて、昨日から大きいままですね~ 
青島ビーチでは、昨日から今日までの「クイックシルバーアマチュアオープンコンテスト」が、開催されています。 細かくは、青島グランドホテル前に本部が有り、それよりも島寄りの海水浴場付近までの、3ポイントです。 それより島の参道寄りは、フリースペースですので、一般の方も入水出来ます。
その辺りの波のサイズは、セットでハラ~ムネ。
昨日より更に風は治まった感じですので、状況は良くなって来ていますが、まだまだデカすぎるウネリが来ていますので、加江田の河口等での「インサイドでヤレバ…」なんて、アマイ考えでの入水は絶対におやめ下さい。 万一発見しましたら遠慮なく上がらせますゾォ~!キケンが危ない。

今回の台風では、天気の崩れが有りませんでした。しかも、気持ちよい秋晴れですので、油断が有るのか、今朝の加江田河口にても、なんと4人の方が…
モチロン、急遽上がって頂きました。 福岡県からの4人組です。 過去、木崎浜での水難事故の8割が、この加江田河口。そして殆どが福岡県の方。本当です。
 原因は、この河口がキケンなのでは無く、油断してしまいやすい状況を醸し、しかも潮位の変化での、沖へ向かう流れが変化しやすい河口の特徴ですので、予期しない事故になりやすいのです。
例えば、インサイドだけのつもりでやっていたら、潮の変化に気付かずに、沖へ流され…とか、スープに揉まれているうちに、リーシュコードが切れてしまい、仲間がボードを取りに沖へ向かったら、片手でのパドルでは追いつかず、帰れなくなってしまう… ボードを取りに行ってもらった友達は、罪の意識から助けに行けない状況の中、「119番」通報してしまう…呼ばれた「消防のプロでも海では素人のレスキュー隊員」は、慣れない荒れ狂った海へ…2次災害… モチロン海にも慣れているレスキュー隊員さんは、多数居られますが、都合よく勤務番の時とは限らないのが、現実なんです。
前回の加江田河口の事件が正しくこの様なことになりました。
サーフィンは元々ハワイの王族の人生を賭けた行為として始まりました。 今でもローカルと言われる方は、決して海の素人の消防士を呼ぶような行為はしません。 誇りです。 万一の時は家族に「ゴメンナサイ」の気持ちで逝くしかないでしょう。その位の覚悟でお願いします。
青島正面ポイントから青島に5分歩いたところでこのサイズです。↓
09092101.jpg
サイズは胸~肩、SET頭オーバー
大会会場。↓ 結構盛り上がっていましたよ~
09092102.jpg
て言うか、ユニオン加盟のSHOPのオーナーさん達が盛り上げていました。
やはり九州一番の大会です。

「ブログランキングって押すだけで良いのですか?」とよく聞かれます。 
     ↓ 「押すだけで良いんですよ~」と答えま~す。 ヨロピク

人気ブログランキング


今後の予想です


なかなか治まらない14号のバックスウェルですね。 波高予想図では、1.0m~1.5mとなっていますが、岸際はかなり大きくて木崎浜はまだトリプルオーバー位有ります。
波の素の14号は、北海道よりもかなり東の海上へ進んでいますが、太平洋の大きな範囲で、南太平洋上には、3つの熱帯低気圧が新に有りますので、なかなか治まらずに次の台風へとなりそうですね。
しかし、今回のウネリのピークは、すでに過ぎていますので、下がる傾向では有りますね。 明日の木崎はまだクローズアウトのまま。 青島でもパームホテル前は、アタマオーバー~ダブル近く、グランドホテル前でも、ムネ~有りそうです。

夕方は?
大潮~中潮へと変りますが、大きな潮の動きが続きます。 夕方は日没後が満潮ですので、遅くには風も治まり良くなりそうです。 もちろん青島のみ… セットでムネ~カタでしょう。 今現在でも、東南東風ですので、面は良い様です。

明日の予想です
木崎浜は、まだクローズアウト。 青島では↑の通り、所により波の大きさは大分違いますので、良く観察して入水して下さい。 今日まで行なわれている「大会」は、明日は有りません。

オマケの話

090921-1.jpg
↑久しぶりにカリフォルニアのサンディエゴ近く、エンシニタースのマイクスリンガーランドシェープ、5フィン対応のボードです。 私の弟のS君の物です。
サイズは洒落をきかせて、7’11”(セブンイレブン) 大き目の波の時は3フィンにして、小波時には4フィンにして…と、オールラウンドに対応出来るようにしました。
090921-2.jpg
↑ノーズから見た写真では、ワイドテールのレトロボードっぽい印象ですが、実際のテールはフィッシュながらも、セマメのテールで、レールもややハードにしていますので、リーフブレイクのアタマオーバー位までは、十分に対応出来ると思います。 まぁ~肝心なのは乗り手の技量です。 しかし、その様な波にチャレンジしたくなり、ボードの楽しさが増す事と思います。
カラーは、全面の渋めグリーンティント&レッドのピンストライプ。 使うごとに渋く変色していく事でしょうね。 しかし、ムーンライトグラッシングの仕上げは、本当にアメリカで一番ですわ~ キレイ…

コメント

初おろし後の感想が、聞きたいなぁ~

7′11″

ニヤニヤ( ´∀`)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://newwavejp.blog46.fc2.com/tb.php/1981-83065056