fc2ブログ
宮崎でサーフィンするならニューウェーブ 宮崎サーフィングッズ 宮崎サーフィンショップ 宮崎 サーフィンスクール 宮崎サーフィンショップ問い合わせ 宮崎サーフィン掲示板


宮崎のサーフショップ発信の波情報&スクール。

おはようございます。今日の天気はポカポカ陽気の晴れ。
暖かいので水温がかなり冷たく感じます。
なのでウェットは3mm起毛フル、WAXはCOOLorCOLD。
10時現在、風は肌に感じる程度。
その時の「トイレ前ポイント」です。↓ サイズは腹前後、SET胸。

同じく。↓ 人数は各ピーク15人~
10022402.jpg
基本タル速いブレイクですが、SETの切れ目は力が有って良い波ですよ~ ここ最近は朝一より9時位の方がSETも大きくブレイクも良いみたいですね~ SETの切れ目から2アクションは入っています。
同じ時間の「加江田ポイント」少し河口よりです。↓
10022403.jpg
サイズは腹~胸。 人数は全体で15人位。
全体的にタルくワイドです。切れ端狙っても写真の様にインサイドで繋がって、全面ダラダラでブレイクして終了です。たま~に切れ目が有りますがアップスから1アクションですね~

波情報の後ですが、いつもの「波予想」の前に少し…
22日(今週の月曜日)の夜7時~夜9時にかけて「住吉海岸の市民談義所」にて、第7回目の話し合いが有りました。
宮崎港より北側の、一ツ瀬川付近までのエリアでの砂浜の浸食についての、意見交換会です。 住民の方々も多く発言されていますので、初めて参加して来ました。その様子です。

今回私がこの談義所に参加した一番の理由は、
住民の皆さんの生の声を感じたかったからです。
今まで「検討委員会」にサーフィンの代表として参加させて頂き、何とか話し合いの方向を波乗りに適した形へ進められる様に、努めてきたつもりですが、地元に長年生活しつつ、サーフィンをされない方のお話も聞いておく必要が有ると感じていたからです。
また、木崎浜の北側に有る、通称「ギャップ裏」の反対運動で一緒だったD氏や、ライフセービング協会のF氏、その他のサーフィン愛好者の方も、この談義所に参加されていた事を付け加えておきます。 

今回の談義所で、始めに発表されたのは「ひむかの砂浜復元ネットワーク」の林さん。
この方の話の内容は、概ね宮崎港の批判が多くて、その存在そのものを否定していく風潮を改めて、港の影響で砂浜が狭くなってきたのが事実とするならば、港の存在を否定する事が出来ない現実から、それらの全てを受け入れて陸地の部分がどのように変化していくかを、陸地の側から対応するべきです。との事
詳しくは、「ひむかの砂浜復元ネットワーク」のブログをご覧下さい。

もう一方は、地元の災害対策委員をされている「宇都さん」
この方の話の内容は、とにかくこのエリアの海岸の変化は、一刻の猶予も無いほど差し迫っているので、とにかくコンクリートによる対策を、早く取って欲しいとの事でした。

サーフィンを通じて海岸を大切に思うようになった私たちが、コンクリート工事に対する一番の「反対側」とすれば、生活をして財産の喪失や、台風や地震などの災害への不安を考える方々とは、一番の対極です。
今回もそれぞれの価値観の温度差を、強く感じました。

日本の税金を使う「公共事業」の宿命から考えると、今回のT字型突堤の費用は、およそ300億円。
佐土原町と住吉に住んでいる人口は、およそ4万人と多目に見ても、この費用は一人当たり¥750.000-掛かります。
仮に一家族が4人とすると、一家族あたり¥3.000.000-掛かりますね。
もちろん、宮崎以外の所でも、低レベルな税金への認識を持つ人が多かった為に、各地で愚行が繰り返されて来ていますので、「折角コチラに来たのなら、遣わにゃソン」の、意識が有るのでしょうねぇ~
過去から国民の全てが、無理矢理?治めた税金は、使わなければソンソン、みたな風潮が蔓延していたので、今の日本の現状になっていると、オオザッパですが、私は認識しています。
この様な過去からの「愚行」に、ノーの風で政権交代したと思いますが、個々の人にはその様な認識が無いのが現実と思います。
今までに、快適な?レベルの高い?人間生活の為に、自然を壊し続けてきた人間として、過去の人を非難できない事実から、今後の改め?方が、人間にかかっている事と思いますので、何より目先の10年程度の事よりも、長い年月に渡り生きていく子孫を、本気で心配するなら、まともな税金の使い方を根本から考えた方が良いと、言う事です。
公共事業として財務省を通った金(みんなの税金)なら、少しでも地元に遣わにゃソン、と言う考えで、自然に対処して欲しくないです。 

3月16日(火)の午前中に、「第7回浸食対策検討委員会」が、宮崎市民プラザで開催されます。
私はサーフィンの代表として、この委員会に参加する予定ですが、今までと変らずサーフィンの側からの話で意見をしたいと思っています。 この委員会は何方でも傍聴出来ますので、お時間が有る方は是非ご参加下さい。
宮崎海岸出張所←に、連絡先が有ります。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://newwavejp.blog46.fc2.com/tb.php/2126-04de88ea