fc2ブログ
宮崎でサーフィンするならニューウェーブ 宮崎サーフィングッズ 宮崎サーフィンショップ 宮崎 サーフィンスクール 宮崎サーフィンショップ問い合わせ 宮崎サーフィン掲示板


見つかった!

昨日の水難事故ですが、私が更新後の昨夜の午後7時過ぎ頃。 ほとんど真っ暗な時間ですが、カメラマンF氏が水中で発見!ライフセーバーF氏が、確保して岸まで運び、Y医師などのサーファー達が診察されましたが、残念ながら死亡が確認されたそうです。
今回の事故は、サーファーオヤジや家族にも、その認識について本当に大きな定義がされたと思います。
家族や子どもと遊泳禁止エリアで入水する際には、自分の波乗りを諦めて、子供さんに付きっ切りで遊んで下さい。
でなければ、海水浴場エリアで海を楽しんで下さい。
これ以上の事故を出さないで欲しい…(更に詳しい内容は、波情報の後にします。)

朝から頑張って「ライフガード」の方が見張ってくれています。↓
10081501.jpg
さて、波情報ですが、先ずは写真のアップから…
100815-1.jpg
↑これはトイレの南。
朝8時頃の様子です。
何とか割れる数箇所の一つでした。県外のビジターさんが目立つので、波のシェアーを第一に!
くれぐれも水難には、注意してねぇ~
100815-2.jpg
↑トイレのやや南のインサイド。 時々ですが良いブレイクが来ています。
今後は満潮ですので、割れなくなりそうですが、午後は再び良くなるでしょう。
100815-3.jpg
↑な、かんじでロンガービジター?さんがお楽しみぃ~です。
お盆休みを満喫して下さい。
100815-4.jpg
↑トイレの正面。
サイズは腰前後。人数は各ピーク15~20人。
全体的になかなかブレイクしないタルい波が中心です。
まだ潮が多いのでブレイクしているポイントが限られていますが、
もう少し引いたらあちらこちらで1アクションほど入り出来そうです。

注意 :
①木崎浜は全体的に道が狭いので、必ずゆっくり走って下さい。
人&車が居ない所でも、時速30キロ前後を守って下さい。
②加江田河口の青島側は民家が多い為、駐停車禁止です。
加江田川の木崎浜側に停めて入水して下さい。
③木崎浜は全域で環境の為「アイドリングSTOP」です。
④海水浴は、ゼッタイ禁止!!

みんなの海です、ご協力お願いします。

まだまだ口蹄疫の義援金預かっています。10月末まで延長されました。
やっと終息の気配が全体的に出だしました、
サーファーで畜産に携わっている人達も、やっと海に行けだしたみたいです。
それでもまだ全てが機能している訳では有りません。
今後とも変らぬ支援&募金をよろしくお願いします。
社会福祉法人宮崎県共同募金会へ送りますのでご協力を 
5/24¥5.765- 5/31¥4.543- 6/7¥960-
6/18¥3.609-  6/28\6.516-  7/5\5.508-(ブレイズ晋司)
7/21¥27.400-(F県のM本さん) 7/21¥5.023- 8/4¥1.759- 合計¥61.083-

昨日の水難事故の詳しい内容です。
午後7時過ぎ、既に薄暗くなり徐々に諦めムードの中でも、何とか発見しようとカメラマンF氏。 日頃から水中撮影用のアシヒレと、元々水泳の選手だったからか、車の中にスイミングゴーグルを持っていたそうです。
専門のダイバーは、加江田のトイレより南を捜索していましたが、波乗りで感じていた加江田エリアの南→北の流れと、木崎浜のトイレ南はやや逆にも流れている様子。
それらの流れが合わさる、狭い道路の津波放送塔の前付近に絞り、徹底的に潜って探したそうです。
ダイバーが引き上げてもまだ諦めず、殆ど視界が無い中で、海底付近の辺りを両手を広げて何往復もしたそうです。
4往復目頃に、水深2.5m位の所で急に子どもの影が… 顔の真横に現れて、とっさに左手で抱きかかえ浮上。
大声でマリンジェットのライフセーバーを呼んだそうです。
たまたま近くに待機していたので、直ぐにジェットで岸へ。
岸にはサーファーのY医師も待機していたので、少し脈が残っている事を確認。しかし、4時間以上水中でしたので、蘇生できずに、搬送された宮崎医大で死亡が確認されたそうです。
もう少し発見が早ければ…と、悔やまれもしますが、カメラマンF氏が発見出来たのも、奇跡に近い。
しかも、F氏自身は「自分が発見する予感がしていた」との事です。

犠牲者が出たのは本当にザンネンです。
しかし、私は今までに7~8回くらい水難事故の捜索に関わりましたが、行方不明者をこんなに早く発見したことを聞いたのは、始めてです。
海水温度が、台風以降少し下がっていまして、27~28℃です。消防の水難事故に慣れていた隊員さんは、「その温度だと、ガスが溜まって浮上するのは、早くて二日後でしょう」と言っていたので、このときに発見出来なかったら、今日の木崎浜は半分は入水出来ず、広い範囲で捜索の為にサーフィン禁止にされていたかもしれませんし、ヘリの費用も一日飛ばすと数百万円?近くかかるそうです。
何よりもたくさんの地元消防団や、消防士が拘束されていたでしょう。
私はこのチームワークは、本当に素晴らしかったと思います。
最後に犠牲になられた方のご冥福をお祈りします。 

コメント

kimuraさん、ユカリンさんへ

先ず、kimuraさんが、嫌な顔をされると理解しながらも、これからは声をかけていく…と言う勇気を持たれた事に、大変嬉しく思います。
言う側には、何の権利が有る訳ではないので、私も自問自答しながら過しておりますが、その行為は、親の愛に近い厳しくも優しいと思います。
ユカリンさん、強く言いすぎるとお互いの人間関係にも影響しますので、大人同士でしたら強い理解を得られる様にお話下さい。

お2人のコメントありがとうございました。

今回亡くなった男の子は、私の友達の子供です。
友達でありながら、海の怖さ、木崎浜の危険性、子供だけの遊泳が
どんなに恐ろしいことか・・・。友達にも、姉弟本人達にも、私に教えれる事があったにも関わらず、ちゃんと教えてあげれなくて、後悔でいっぱいです。
事前に防げた事故だったと、自分を責めてしまいます。
自己反省と、もう二度とないように、けんちゃんの死を無駄にしないように。。。本当に考えさせられました。。。
ご冥福をお祈りします。

こんなことがあってかですが、水泳をさせている人を見かけた時、どうせ注意しても嫌な顔をされるだけと思っていましたが、木崎浜で水泳をさせている人がいたら、私も注意するように心がけたいと思います。

金さんへ

もう一つ、金さんからのコメントに対して、お返事を忘れていました。
それは、行政のお金がサーファーにだけ使われている…とう点です。

息子や友達と思いつきでキャッチボールでもしようか…の時に、サンマリンスタジアムで出来ますか?→ノーですね。
ここを利用するには、それなりの強い?ヤキュウチームを造るか所属して、対戦相手を見つけ、高額な使用料金を支払えば出来るかとおもいますが、この事は私にはほぼ不可能です。
しかし、多額の税金で出来て、なおかつ採算が取れずに競売に出ている野球場でも、「野球人だけの為に使い、税金のムダ!」とは、私は思えません。今まで宮崎県に貢献してきたと思います。
では、木崎浜のトイレ&シャワーは、野球場に比べるとかなりお安く出来ていますが、年間利用者のべ15万人も居る方々に対して、大変貢献していると思います。ありがたい事です。
一般人でも、サーフィンは自然の中で遊ぶ訳ですから、それなりの装備(サーフボードやボディーボード&アシヒレ、日焼け予防対策)などと、サーフスクール等を一度でも経験して、判断力の基礎でも学ぶ事。これをすれば誰でも無料に近い料金で楽しめマスね。
この事は、サンマリンスタジアムより一般に向けて開放されているとおもいますが、如何でしょうか?
今回の事故で、狭い知識の中で何かを否定する言動は、亡くなった方に対して、大変な暴挙と思います。特定の何方も責められる事柄ではないですわ。

おっさんロンガーさんへ

コメントありがとうございます。
たしかに、キケンを予知する事とそれを行動にうつす事が大切ですね。
人により差が有って、キケンの予知すら出来ない人、予知しつつも他人に対して助言出来ない人、それらの行動しない人を見て、全体で考える人、その中には怒りすら感じる人等等。
大切な事は、観察、判断、勇気ですね。
今回の男の子から、皆さんが勇気を持つ事を期待します。

また、昨日のコメント「金さん」からの分で、私が一つ忘れていた事が有ります。
今回の記事は、犠牲者の親族への配慮が無い、と言う部分です。
確かに、そう感じられる方も居られると思いました、お詫びします。
親族を攻撃している様に感じられたのは、理由を事細かく書かずにいた為だと思いました。
ただ、昨年も宮崎に親子で遊びに来られていて、男の子は水に不慣れだったとお聞きしましたので、今年になってお2人のお子様が希望するからと、子供さんだけで宮崎へ来させた点と、昨年の夏から今迄に、少しでもスイミングなどの練習は、都会でも出来たのではないか?とか、
何よりも海水浴されるのに、木崎浜の加江田トイレ前を選択した点。
ここはかなり前から深みが有り、加江田川の流れが岸伝いに流れて、この辺りから沖へ向かっているのは、日頃からこの辺で波乗りしている人は、良く知っているポイントです。
また、あの日の二日前にも、川で沈みかけていたそうで、水に対して不慣れだったのは、解っていた事なのでしょう。
これらの事は、事故が起きてから私の様な他人がどうこうと言う事では有りませんので、あえて書かずにいたのですが、金さんからのツッコミが有りましたので、書かせて頂きました。
それらの事を総合して、今後シッカリと見守って頂きたいと、もし不安ならお金を使ってプロの方々を雇って頂きたい。
そうすれば少しでも犠牲者は少なくなると思います。

悲しい事故で涙が出てしまいました。
事故から1日過ぎた今日は、何も無かったように海は賑わってたことに何か寂しさを覚えてしまいました。ただ、昨日の事故があったばかりなのに、小さな子供を連れた家族が波打ち際で遊んでる姿がありました。時間は昨日と同じ時間。そして、その親は子供への意識は散漫。
その横を何人ものサーファーが通り過ぎ行く姿が・・・・。
 なぜ、昨日と同じ状況の中で、誰も注意しないのかな~って。
過去にも同じ事故があったはずなのに、私たちサーファーの中で、何も教訓となっていないような気がする。同じ事故が起きないように、これ以上はせめて、木崎では死亡事故が起きないように、危険な遊びをしている人たちへは、積極的に声かけしていきましょう。
 せめて、木崎ではもう、死者を出さないために。
今日が、死亡事故ゼロ運動の1日目としましょう。

上村の意見です。

お二方のコメントありがとうございます。
先ず、金さんの「サーフィン禁止」と、木崎浜にてトイレやシャワー施設が有る事で、税金の使われ方についてのご意見、それと子どもを海に入らせない?なお話についてです。
禁止と言う言葉は、軽々と使えないと意識していますが、このブログ上で私が「遊泳禁止」と書いたのは、過去に数人の犠牲者がいて単純に泳ぐな!の風潮から、そうなったと思います。
ですから、全面的に例えばボディーサーフィンをしている外人さんや、しっかりと子供さんと遊んでいるお父さんサーファーには、なんら問題ないとも思います。現に宮崎を代表するプロサーファーも、10数年前はそんなお子様でしたし、今や私は及ばない位上手なサーファーになっています。
禁止と言う言葉は、警察や行政以外には使えない権力的な言葉ですし、警察や行政もそれを使う為には、かなり慎重に考慮されています。
次に木崎浜のトイレ&シャワー、国道からのアクセスが問題有りながらも、知っている人にはアクセスし易い環境です。
18年くらい前から増え続けているビジター歓迎の風潮ですが、このことについては別に議論したいです。
ただ、多くの人間が利用する中で、トイレがないと糞尿の苦情が多発。造るなら、観光立県としてシャワーも…なながれでいままで造られて来ました。 金さんはこれが迷惑ですか?
確かに個々の人にて、使うモラルの問題も有りますが、それらの施設を使用する事を通して、注意されたりの問題定義もされています。
例えば私が良く言うお願いで「ただの物は、税金から払われているのを知っていますか? 自分の財布から出さなければ、どれだけ使っても良いでは無くて、みんなの物だから大切に使わせて頂く心が、必要じゃない?」と呼びかけると、どんな人もシッカリと「スミマセン」と言われます。
こんな無駄?な施設を通してでも、教育は出来ると思いますし、上から目線で恐縮ですが、単純な見方だけでは判断できないメリットも、たくさんあります。
ただ、よく近くで捜索活動しているのに、ノホホンとサーフィンしていますね~ には、完全に共感します。
昨日は、ハンドマイクで呼びかけて上がらせました。バカもんですわ。

最後に「サーファーの全体責任」と申したのは私です。その理由は、初期行動の遅さ、連携の無さ、現場の現状に応じての判断力のなさで、捜索に協力する人が大変少なかった事。上空をヘリコプターが飛んでいるのに、まだサーフィンしている人間が、一時間後でも百人近く居た事。
私も駆けつけるのが遅かったのが、最大の反省点です。

こんな事が有るから禁止とか、どれがダメとか…グチ程度でしたら他でやって下さい。
失礼ですがシッカリとした意見とは違うと思います。

最後に経済効果について…
竹中さんが言われるほど大きくは無いかもしれませんが、かなり大きな効果を、宮崎県にもたらしていると思います。
が、ここでのやり取りは、そんなマジメな話に感じません。
今後の攻撃的なコメントは、即削除致します。

では、なぜサーファー全体の責任なんですか?
山岳事故は登山者全体の責任?
まあ、ひとついえるのは竹中さんがおっしゃっている車の事故とはまったく次元が違うようにおもえます。
→報道が青のときは車両は右左折禁止にすべきというのがありました。言ってる本人は正義の味方きどりです。
あなたの親族が亡くなっても同じことがいえますか?
今回の水難事故も少しは遺族の方の心境にもなってげてください。
私は今回の記事は配慮が少し足らないとおもいました。
あなたたちも同じですよ。

日本経済にまで及ぶとは、サーフィン大国日本?
サーフィンが経済に影響するとはとても考えれませんが、人それぞれ考えがあるんだろうし。
サーフィンってすごいんですね。

木崎浜での全面サーフィン禁止?
ということは全国規模でサーフィン禁止でしょうか。そういうことになりますね。

では山岳事故はどうなるのでしょう。毎年多くの死者ができています。最近ではヘリ墜落事故が記憶に新しい。救助隊までも犠牲になる参事となりました。

話は飛びますが、数年前タレントの風見しんごさんの長女が交差点で左折するトラックに跳ねられ死亡するという悲しい事故がありました。あのとき出た事故防止策として、横断報道が青のときは車両は右左折禁止にすべきというのがありました。言ってる本人は正義の味方きどりです。

しかしそんなことを実際に行ったらどうなるでしょう。交通渋滞から端を発して経済は麻痺しますね。その場しのぎの対策は愚かです。これと同じで死亡事故があるからレジャー禁止という安直な発想は結果的に経済を鈍らせます。そして間違いなく、この案を提示した人の暮らしも悪くなるでしょう。

だから一人一人が、責任ある行動を取っていくしかない。それを信じて進んでいくしかないないでしょう。

木崎浜での全面サーフィン禁止。
コレだけ車でのアクセスもよくてシャワーもあって遊泳禁止?
行政の金が一部の波乗りする人間だけにつかわれる。
おかしいですね。
大人が入ってたら子供の手本にもなりません。
よく近くで人が死んでいてサーフィンなんかやってますよね。
サーファーが自粛するべきなんじゃないですかねぇ。
ご冥福をお祈りします。

ありがとう

そう感じて頂けた事に、感謝します。
犠牲が出て初めて気付かされる事でした。
サーフィンの盛んな宮崎ならではの、初期におけるもっと早くて熱い皆さんの行動を期待します。
あのとき、海に居たサーファーが、少しでも多く加勢してくれたら、助かったかもしれません。
4時間近く水中に居て、搬送時にも脈が有ったそうですので…

何よりも、事故を起こさない事ですので、お父さんサーファーやそのグループの達人さんは、そのグループの中で最も不慣れな方から離れずに、波乗りもせずに見守るしか有りません。これは、浮き輪に限らず、パドルがままならないサーフィン初体験者も共通します。
それがイヤなら、海水浴場で泳いで頂きたいと思います。

自分は、遊泳禁止区域でサーフィンできている事の自覚が無く、子どもたちへの配慮に欠けていました。悲しい事故ではありましたが、自己反省のきかいを頂いたと感じています。お亡くなりになられた方のご冥福をお祈り致します。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://newwavejp.blog46.fc2.com/tb.php/2309-941786e6