宮崎でサーフィンするならニューウェーブ 宮崎サーフィングッズ 宮崎サーフィンショップ 宮崎 サーフィンスクール 宮崎サーフィンショップ問い合わせ 宮崎サーフィン掲示板


池田雄一の宮崎の波情報&サーフィン体験スクール。

夕方の木崎浜波情報。
写真は17時半の「階段前P」。↓
14122615.jpg
サイズは腹~ピーク胸。 人数は5人程度。風は西風(オフショア)。
14122616.jpg
ウネリの向きと地形と合わない為に、ブレイクがバラけていますが、
少しインサイド寄りのレギュラーはショルダー張って、2・3アクション入ってます。

今日はサーフィン初心者脱出スクールでした。
2014年12月26日(金)
レベル : サーフィン初心者脱出クラス2名
開催場所 : 木崎浜「階段前P」
天気 : 曇り時々晴れ
サイズ : 腹~胸
講師 : U-1
今回参加してくれたメンバーです。↓
14122617.jpg
写真はその時のコンディションです。↓
14122618.jpg
定期的にスクールを受けてくれているメンバーで、最近そこそこ乗れてきたので「メジャーデビュー」と言わんばかりに、一番距離が乗れそうなポイントに入らせて頂きました。
昼過ぎに入ったので、皆さんランチタイムで上がって行き、何時の間にか、乗りたい波に乗りたい所から乗れる様になっていました。
今後の課題ですが、フロントの方向に走っている時は、前足を意識して、しっかりとセンターに持ってこれて、スムーズなテイクオフが出来てきました。
これもやはり、海に入って「横に走る練習」の前に、初心に戻って「真っ直ぐ走る練習」を30分した事の積み重ねだと思います。
でもバックサイドになると、テイクオフの瞬間に心の焦りで前足が出てこなくて、レールが入り過ぎて勝手にプルアウトしてしまったり、立って直ぐに背中から転んでしまう事が多いです。
これはテイクオフ時に、ボードから手を離すタイミングが遅く、前足がセンターに届かないままショルダー側のレールを踏んで体重が掛かってしまっているからですね~
中には無意識でレールを握ったまま立って、直ぐにワイプアウトのケースもあります。
これ地味に癖になるので気を付けて下さい。
なので、方向はバックサイドですが、「ただフロントと逆なだけ」って気軽な気持ちで、落ち着きながらテイクオフする事から始めましょう。

もっと見たい方&スクールを受けたい方は
→ サーフィン&ボディボードスクール日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://newwavejp.blog46.fc2.com/tb.php/4054-7fb79e3c

FC2Ad